宮かつ紹介gruop

  • HOME
  • 宮かつ紹介

宮川流域で活動している個人、団体、企業、公的機関を
ご紹介します。

  • 037 車川山里ファン倶楽部

    車川山里ファン倶楽部

    多気町

    車川山里ファン倶楽部は10名そこそこの団体で、全国の中山間地と同じように、少子高齢・過疎・獣害といっ...

  • 020 里山探検隊

    里山探検隊

    伊勢市 玉城町 度会町 多気町 大台町 明和町

    宮川流域の里山を登山し、埋もれる地域資源の再発見を目指して活動しております。特に、1000m以内の以...

  • 047 四郷地区コミュニテイセンター地域交流室運営委員会

    四郷地区コミュニテイセンター地域交流室運営委員会

    伊勢市

    四郷地区コミュニテイセンターは、平成21年3月に開館しました。設立の目的は、地区住民に「交流と学びの...

  • 025 須藤 美健

    須藤 美健

    大紀町

    熊野古道伊勢路、大紀町阿曽地区を中心に案内したいです。...

  • 051 勢和みどりと生き物の会

    勢和みどりと生き物の会

    多気町

    主に多気町内をベースに(要請があれば町外でも)観察会を行っています。
    小中学校の校外学...

  • 029 膳

    大紀町

    遊休農地、放業地の活用、保全。
    伊勢地域唯一の世界遺産ツヅラト峠の保全、改良。...

  • 041 瀧原宮大祭運営委員会

    瀧原宮大祭運営委員会

    大紀町

    二千年の歴史の町、伊勢神宮の別宮瀧原宮共に生きて来た先輩達の伝統文化を守り、この町の資産を活用し活性...

  • 042 瀧原宮大祭運営委員会

    瀧原宮大祭運営委員会

    大紀町

    二千年の歴史の町、伊勢神宮の別宮瀧原宮共に生きて来た先輩達の伝統文化を守り、この町の資産を活用し活性...

  • 005竜ケ峠を守る会

    竜ケ峠を守る会

    伊勢市

    伊勢古道、参宮古道を神宮林、五十鈴川を皆さんに、しっかり知っていただき愛してほしい。神宮林を歩くこと...

  • 010 巽 幸則

    巽 幸則

    大台町

    宮川ダム湖周辺の歴史や自然観察、登山を中心に活動しています。...

  • 059 玉城町里辺・里山の観察会

    玉城町里辺・里山の観察会

    玉城町

    玉城町の里辺・里山を中心に自生する植物の調査を行っています。
    また、撮影した植物写真は...

  • 022 竹茗舎

    竹茗舎

    玉城町 明和町

     美しい日本の自然の再認識と豊かな自然環境を次世代に継承したく、自然観察会や熊野古道、田辺平野(寒川...

  • 034 土屋 竹史

    土屋 竹史

    明和町

    明和町内をきれいにしたく、草刈りや花植え等を「明和町みどりの会」として活動するとともに、「大淀ふれあ...

  • 032 特定非営利活動法人めいわ市民活動サポートセンター

    特定非営利活動法人めいわ市民活動サポートセンター

    明和町

    個人や団体が、様々なジャンルの有償・無償にかかわらずボランティアという形などで参加しようと思ったとき...

  • 004戸畔の会(とべのかい)

    戸畔の会(とべのかい)

    大紀町

    神武天皇東征上陸地と云い伝えのある錦から、奈良の橿原神宮まで魚を運んでいた道が東征の道ではないかと、...

  • 007中野喜吉

    中野 喜吉

    伊勢市 玉城町 度会町 多気町 大台町 大紀町 明和町

    宮川流域の自然、歴史、伝統文化と共にある人々のかかわりを映像で記録しています。...

  • 046 南勢テクテク会

    南勢テクテク会

    伊勢市 度会町 大紀町

    里山、峠道の保全活動及びハイキング大会を催し、自然とふれあう活動を行っています。...

  • 038 原農水環境を守る会

    原農水環境を守る会

    玉城町

    「古くからの豊かな自然を次世代に残す空間づくり」を目標に、平成21年から休耕田を利用したビオトープつ...

  • 036 秘密基地研究会

    秘密基地研究会

    玉城町 明和町

    少なくとも40年ほど前までは宮川も伊勢湾も澄み切っていて、多様な生物相が形成されていた。人間が40年...

  • 001福田 清人

    福田 清人

    大台町

    宮川に捨てられたゴミを撮影し、現状を紹介し、ゴミが少なくなればと活動しています。テーマ「もう一つの宮...