イベントレポートreport

【紀伊山地の霊場と参詣道世界遺産登録15周年記念イベント】コスモスと秋の味覚 女鬼峠ウォーキング

【紀伊山地の霊場と参詣道世界遺産登録15周年記念イベント】コスモスと秋の味覚 女鬼峠ウォーキング
ウォーキング 多気町
日   程 令和元年11月3日(日)
時   間 8:30~14:30予定
場   所 ふるさと村→熊野古道女鬼峠→相鹿瀬(コスモス祭り)→中女鬼峠→ふるさと村
主 催 者 奥村 清司(宮川流域案内人)、(共催)熊野古道女鬼峠保存会
お問合わせ 【問合せ先】
奥村 清司(宮川流域案内人)
電 話: 090-7694-0735

 朝から好天に恵まれた五桂池ふるさと村を45名の参加者とともに「コスモスと秋の味覚 女鬼峠ウォーキング」がスタートしました。
 早朝の里道は少し肌寒く、栃ヶ池には渡り鳥がたくさん飛来しているのを見て、早くも冬が近づいていくのを実感しました。道中では茶色くなって、口の開いたアケビがたくさんぶら下がっており、アケビ取りを楽しみながらのウォーキングもまた面白いものでした。相鹿瀬(おかせ)でコスモス祭りに参加して、花に包まれながら歌や餅まき、豚汁など、のんびりした秋の一日となりました。
【参加者の様子】
・餅まきは久しぶりで楽しかったです。
・花が満開できれいでした。
・歌や餅まき、豚汁と大変楽しませてもらいました。
・ウォーキングの道中が楽しかったです。

ギャラリー