イベントレポートreport

~さあ!まいこましてこかぁ~纏めwalk「神武天皇東征の道編」 第四回

~さあ!まいこましてこかぁ~纏めwalk「神武天皇東征の道編」 第四回
ウォーキング その他
日   程 2019年10月5日(土)
時   間 8:00~16:00
場   所 コース:杉谷~木津峠~佐倉峠~万六
主 催 者 戸畔の会(とべのかい)
お問合わせ 【問合せ】
「戸畔の会」西村元美
 携帯:090-6085-6744
 FAX:0598-73-2681
 email:bccan798@ybb.ne.jp

【イベントの内容と感想】
 最大難所の高見越えも済み、いよいよ奈良県宇陀市を歩きます。まず菟田野(うたの)地区に入り、旧道を歩くとはいえほとんど県道166号線ですが、所々に昔を偲ぶ風情があります。
 この企画のきっかけにもなった錦の金蔵寺に残る大般若経600巻(900年以上前に書かれたもの)は、この地区の金剛寺(廃寺)で書かれたもの、深い縁を感じます。
 水分(みくまり)神社でお弁当を食べ、大宇陀の松山城下を経て「あきのの湯」で汗を流し、第4回目のゴールとなりました。
【イベント参加者の反応】
 大宇陀道の駅周辺の松山城下の町並みは、美しい町並みでおやつの「きみごろも」を千軒舎でいただき休憩しましたが、スタッフ伊澤くんの担ぐ天秤棒に木製のお魚を乗せて披露、これは「大紀町活性化協議会」会長奥川 開さんの作品、参加者の皆さんに絶賛していただきました。
 ほぼ歩く道が舗装道路なので皆さん靴に気を遣いながらの行程でした。

ギャラリー