イベントレポートreport

~さあ!まいこましてこかぁ~纏めwalk「神武天皇東征の道編」 第三回

~さあ!まいこましてこかぁ~纏めwalk「神武天皇東征の道編」 第三回
登山 その他
日   程 2019年9月7日(土)
時   間 8:00~17:00
場   所 コース:波瀬~舟戸~高見峠~杉谷 ※山越え有り
主 催 者 戸畔の会(とべのかい)
お問合わせ 参加者氏名、住所、電話番号(できるだけ携帯電話番号)、生年月日(保険加入のため)、希望するコース(スタート、①~⑥・ゴール)、希望弁当数を参加申込書に記入の上、FAX、メール、郵便でお申込みください(先着順)。
【申込先】
「戸畔の会」西村元美 携帯:090-6085-6744 FAX:0598-73-2681 email:bccan798@ybb.ne.jp
住所:〒519-2911 三重県度会郡大紀町錦105-3

【イベントの内容と感想】
 2013年から毎年実施してきました「都に続く縁の道を歩く」の集大成として大紀町錦から橿原神宮までを踏破するイベントです。これまでバスで史跡めぐりを続けてきて今年パート7のゴールを迎えます。これまでのコースをすべて歩くという大胆なこのイベントもこの第三回目で三重県から奈良県に入り、最大難関の高見峠を越えました。最後に「たかすみ温泉」に入りました。
【イベント参加者の反応】
 三重県松阪市波瀬を午前8時に出発し、舟戸の高見登山口を9時30分に突入、高見峠の大峠で三重県に別れを告げ奈良県に入り小峠を越え、東吉野は杉谷へと降りてきました。
 ここの山の神さん前で昼食を取り、午後は166号の車道を歩き午後2時すぎには木津集落に入って行きました。木津峠から高見山がきれいに見えて、参加者さんが「あそこから歩いて来たのねぇ~」この一言に尽きる今日の行程でした。

ギャラリー