宮川の見どころpoint

背景イラスト

五十鈴川の流れに沿って距離 全行程…約8.6km / 所要時間 約3時間30分

おはらい町近辺の落ち着いた雰囲気、中流の田園風景、下流の広々とした“水郷”風景と様々な顔を持つ五十鈴川を楽しんでみては。
宇治橋から五十鈴川沿いの駐車場に入り、エボシ岩のあるあたりから左岸を歩く。おはらい町から三重交通Gスポーツの杜伊勢(県営総合競技場)を右手に見ながら御側橋をくぐり、宇治の下水道パイプをすぎて5分ほどで堤の上に上がる。近鉄の鉄橋をくぐり楠部の集落へ。飲み物等がほしければここからは調達できないので注意。伊勢二見鳥羽ラインをくぐると公園があるが左手の堤防上に出ること。すぐに右折して農道に入り、鹿海町で堀割橋を渡って鏡宮神社、歩道橋を渡って朝熊神社へ寄り、神社を出て左折し、しばらくは川から離れ、伊勢朝熊苑前をとおって朝熊山麓公園に着く。左手の川は二見町江まで続く五十鈴川派川である。祝祭橋を渡って堤上の道を五十鈴川本川の方へ戻り右岸を下る。JRの線路をくぐって神宮御園を左折し、二見神社、姫宮稲荷神社の参道を抜け、通りに出たら左折し汐合の橋に着く。バス停は橋から100m程二見寄りにある。

  • 1

    通称“ヨボ”エボシ岩付近
    少し上流の五十鈴川から見ると神宮林の中のヒノキの橋が素晴らしい。

    コース詳細
  • 下矢印
  • 2

    おはらい町
    五十鈴川沿いは石積、白壁、手入された庭木、周囲の山々など表通りの喧騒とは違った落ち着いた風景が見られる。

    コース詳細
  • 下矢印
  • 3

    鏡宮神社、朝熊神社
    内宮の末社と摂社。きれいに掃除されすがすがしい。三方を水面に囲まれた方が鏡宮神社。小高い方が朝熊神社。

    コース詳細
  • 下矢印
  • 4

    五十鈴川下流の水郷風景
    このあたりにこんな風景があったのかと思うような広々とした風景が広がる。

    コース詳細
  • 下矢印
  • 5

    朝熊山麓公園
    サンアリーナ前の公園。家族連れやカップルに人気。

    コース詳細
  • 下矢印