宮川の見どころpoint

背景イラスト

お城とお寺と温泉の道距離 全行程…約13.4km / 所要時間 約5時間

田丸城から庭園のきれいな禅寺と国重要文化財の観世音菩薩弘法大師ゆかりの温泉から稲穂の絨毯を抜ける。
JR田丸駅を下車し田丸城跡へ。途中、殿町、魚町、大手町などの地名が城下町の色合いを残す。玉城町出身、朝日新聞創始者である村山龍平を偲ぶ村山龍平記念館を見学し、田丸城の城跡を登る。天守跡から西の眺望がすばらしい。田丸城跡を南側に下り保育所の脇を抜け、JRの線路下をくぐり田園の中を南下。静かな山あいに建立された廣泰寺は15世紀末に大空玄虎禅師が開山した寺院。手入れの行き届いた庭園は見事である。廣泰寺からやや戻り西進、次は田宮寺へ。田宮寺は寺院の名であるとともに地名でもある。国指定の重要文化財、十一面観世音菩薩がまつられており、毎月18日にご本尊が開帳され拝観できる。田宮寺からはアスピア玉城を目指す。原の集落から山麓の方向に抜けた白い建物。弘法温泉、農産物直売所などもある。弘法温泉で疲れを癒した後は、柿の木畑や広い田んぼのなかを抜けJR外城田駅へ。春から夏は緑や黄金色の稲穂の絨毯と、そこを吹き抜ける風の薫りが心地良い。

  • 1

    田丸城
    桜の名所。

    コース詳細
  • 下矢印
  • 2

    田丸城天守閣跡
    1336年北畠親房らが築城した。
    夕日がきれい。

    コース詳細
  • 下矢印
  • 3

    廣泰寺
    桜、紅葉も見所の1つ。

    コース詳細
  • 下矢印
  • 4

    アスピア玉城
    弘法温泉で疲れを癒してはいかが。
    ふるさと工房では地元の農産物、玉城豚製品が人気。

    コース詳細
  • 下矢印