宮川の見どころpoint

背景イラスト

大杉・宮川ダム湖岸の道距離 全行程…約7.1km / 所要時間 約3時間

観光ジェット船で六十尋滝へ、帰りはダム湖岸をのんびり散歩。
大杉谷自然の家で観光船の切符を買って横の広場から上船場へ階段を降りる。水位によって船着場は変わるが、第3乗船場で降りる。林道を左へ進み、すぐ美濃谷入り口に着く。右手谷沿いに入ると六十尋滝へ着く。まったくにごりのない水が流れている。歩道はとがった岩が多く特に頭上には注意を!険しい山あいの曲がりくねったダム湖左岸を歩き、第4乗船場を経由して“赤橋”と呼ばれる新大杉橋を渡る。渡ったら左折し右岸の道を下る。湖畔にはサクラ、モミジが植えられている。対岸に父ケ谷の奥深い山並みが見えるとほどなく東屋、駐車場のある休憩所に着く。一息ついてあと30分足らずで湖畔の散策も終わりである。
余裕があれば、大杉神社の大杉を見に行くのもおもしろい。途中にアウトドア施設の充実した大杉谷林間キャンプ村がある。

  • 1

    黄色のジェット船
    ガイド兼船長さんがダムの歴史から自然にいたるまで名調子で解説してくれる。

    コース詳細
  • 下矢印
  • 2

    通称“赤橋”
    新大杉橋。足元の湖面が見える。湖面を渡る風が心地よい。

    コース詳細
  • 下矢印
  • 3

    六十尋滝
    上部は滑谷状でオーバーハングした岩を勢いよく飛び出す元気な滝である。夏は飛まつがひんやりして気持ち良い。モミジも多い。

    コース詳細
  • 下矢印
  • 4

    大杉神社(大杉神木)
    太さ約9.2m、約40m樹齢300年以上の大スギは神木としてあがめられている。

    コース詳細
  • 下矢印