2019年3月の
流域案内人行事等の写真館

宮川流域エコミュージアム

このページでは、すでに実施した流域案内人の行事やいろんな企画における写真を掲載しています。




3月17日(日)第8回宮川流域ふるさとコンサートin荻原(大台町)
宮川流域案内人:浜口 素則さん
13時、本日は奥伊勢フォレストピアで初めてとなる「宮川流域ふるさとコンサート」に来ました。 最初に奥伊勢フォレストピア支配人の坂東千晴さんから、あいさつをいただきました。 総合司会の浜口さん、会場には約70名の方が来場しています。さあ、ふるさとコンサートの開演です。
トップバッターは、紀勢ベンベンバンドの根来さんと中世古さんが持ち歌のフォークソングを披露しました。軽やかな歌声につられ自然と拍手が沸き上がります。 2番目は、古道の風。尺八と甘い歌声で会場を魅了。金子さんのトークで会場の笑いが絶えません。 3番目は、米倉隆生さんのウクレレ。隣に座っているのが米倉伴子さん。ご夫婦の共演となりました。アンコール会場の皆さんと合唱となり盛り上がりました。
4番目は、田中しんいちさんがオリジナルフォークソングを熱唱。ベテランならではの歌声と宮川への熱い想いがあふれます。自身で作詞作曲した「川よ~清流宮川に寄せて~」は東京でも披露したそうです。 5番目は、高橋幸生さん。沖縄三線の独特の音色は沖縄の海の香りがします。平和を願う歌が心を揺さぶりました。 6番目は、宮川フォークアンサンブルと米倉伴子さんのコラボレーション。米倉さんのしっとりとした歌声は、しとしと降りはじめた雨によく合います。
7番目のトリを飾る宮川フォークアンサンブル。浜口さんは季節に合わせて桜色のカッターシャツで出演。オリジナル曲「ありがとう宮川」で宮川を愛する気持ちを歌いあげます。 最後は、出演者の方々と会場の皆さんが一緒になって合唱しました。 奥伊勢フォレストピアでの初めてのふるさとコンサートは、歌声と拍手の大盛況のなか終演となりました。これからも、ふるさとコンサートの開演企画があるようです。次回もお楽しみに!



3月2日(土)斎宮ほっつき歩き-早春編-中馬先生に学ぶ 国史跡、斎宮跡の野草観察会 (明和町)
宮川流域案内人:渡邉 幸宏さん
本日は、ほっつき歩き早春編におじゃましました。
案内人は渡邉さんです。
集合場所の竹茗舎にみなさん集まってきました。
まずは竹神社を目指します。
21名の方が参加され、今回も中馬先生に解説していただきながらの散策です。
竹神社にはナギの木、イヌツゲ、クスノキなど、たくさんの植物が自生しています。
花粉がいっぱいのスギの木を発見!
今にも零れ落ちそうです。
風は吹いていませんでしたが、慌ててマスクをされる参加者の方もいらっしゃいました。
平安の杜には梅の花が咲いていました。
春ですね。
近くの広場では梅まつりも行われていましたよ。
大きなエノキの木の下で。
お日様も出てきて気持ちいいです。
旧竹神社へ向かう途中、菜の花畑が広がっていました。
綺麗ですね。
マンサクの花です。
「春にまず咲く」からマンサクと言われているそうです。
クリの木とイロハモミジがくっついています。
この後、旧竹神社跡でお話をきいて、ほっつき歩きは終了となり、みなさん梅まつりを見学にいかれました。
みなさん、お疲れ様でした。



3月2日(土)早春の世界遺産と花を訪ねて(大紀町)
宮川流域案内人:小倉 公守さん
10時00分、定坂公園駐車場に集合、透きとおる青空で絶好の天気となりました。今回は、総勢36名で熊野古道伊勢路ツヅラト峠とその小径に咲く梅花黄蓮草(ばいかおうれんそう)を楽しみます。 定坂公園駐車場には、ヤマザクラによじ登るツルマサキが自生しています。写真では見づらいのですが、これほど大きいツルマサキは大変めずらしいということです。 駐車場の傍らにある、ものの花が満開です。
10時10分、ツヅラト峠に向けて出発。 森の中に入り、ツヅラト峠の約300m手前、皆さんが足を止めました。 足元には白くて小さな花が所どころに咲いています。この花が、今の季節しか見ることのできない梅花黄蓮草です。
朝日を浴びて光っています。きれいな花ですね。 いよいよツヅラト峠に入ります。中世に開かれた熊野三山への信仰の道は、伊勢の地からツヅラト峠を境に熊野へと踏み入ることになります。 ときおり、急峻な坂を登り、歩みを進めていきます。
11時10分、標高357mツヅラト峠越えの東屋に到着しました。 かつて、伊勢参宮を終えた巡礼たちは、この峠にたどり着き、初めて光り輝く熊野の海を目の前にすることができました。その胸中を想うとしみじみとした気持ちになります。 お昼には少し早いですが、皆さん思い思いの場所で昼食となりました。
東屋の周辺にも梅花黄蓮草を見つけました。本当に可愛らしい花ですね。 ツヅラト峠を後にして、登ってきた道をもどり下山しました。行きは気づきませんでしたが、梅の花もきれいに咲いていました。 13時30分、予定より少し早く到着し、解散となりました。早春の世界遺産と花に皆さん満足そうでした。




前のページへ戻る