宮川水質チェックの写真館

宮川流域エコミュージアム


 宮川水質チェックは宮川流域の23ヶ所で行われています。そこでは、宮川を愛するボランティアの方々によって担われています。
 このページでは、そんなボランティアの方々のご尽力に敬意と感謝を表して、調査の様子を住民の皆さまにお伝えするとともに、
 宮川流域の水環境の保全・再生に向けて、住民の皆さまの一層のご理解・ご協力をお願いします。
  


リレー1◇五十鈴川 下田井堰地点:伊勢市立四郷小学校の方々による調査の様子  リレー2◇注連指川地点:県庁地域連携部インターンシップ大学生による調査の様子
  リレー3◇横輪川 馬淵橋下地点:日本特殊陶業株式会社の方々による調査の様子  リレー4◇五十鈴川 浦田橋下地点:井手口克利さんによる調査の様子
  リレー5◇勢田川 楓橋下地点:宇野弘史郎さんによる調査の様子



No.19地点 楓橋下(伊勢市岡本 楓橋より下流約20mの階段を降りた地点)
平成27年9月27日 調査者:宇野弘史郎さん   ◇No.19地点地図   ◇No.19調査結果
ここは勢田川。三重県伊勢庁舎のすぐ近くにある楓橋のたもとです。 当日は干潮のため川の水位も低いです。干満の影響を受けて川の様子も違います。 長年、ここで水質チェックに携わっていただいてる宇野さんの様子をお伝えします。
紐にバケツを付けて、川の水を引き上げます。この水で水質をチェックします。 宇野さんは、川をきれいにする意識をみんながもってくれれば…と話してくれました。 こぼれないように大きいバケツに入れて、ご自宅に持って帰ってから検査されるそうです。
水温だけはこの場で確認します。年間とおして水温にはあまり変化ないようです。 たくさんの方とディスカッションを重ね、川をきれいにする取組をされてきたそうです。 10年前より確実にきれいになったと思います。宇野さんのような方々のご尽力のおかげです!
とおりゃん瀬。近くの小学生たちも遊んだりして川に親しんでもらえる環境です。 現地での水質チェックは終了。毎回している水位確認のため宇野さんは下流に行かれます。 カモたちもくつろぐ中洲。地域住民の方々に支えられ、川はきれいになっていきます!感謝!



No.21地点 浦田橋下(伊勢市宇治浦田 五十鈴川浦田橋下流の階段を下りたところ)
平成26年10月27日 調査者:井手口克利さん   ◇No.21地点地図   ◇No.21調査結果
ここは五十鈴川。もう内宮さん近くで、伊勢スカイラインに向かう浦田橋の下です。 井手口さんは内宮おかげ横丁にあります笈ノ勢福にお勤めのかたわら水質チェック! 五十鈴川をきれいにする会の代表でもあり、たくさんの活動をされています。
御遷宮に伴う宇治橋の架け替えで一時水に濁りもあったが、きれいさに変わりはないとのこと。 川面を見る視線や、川や地域のことを語る口調には、優しさがにじみ出ています! 井手口さんをはじめ、地域の方々に守られ、川も魚も元気! なんか楽しい取材です!
いろんな人とのつながりや、多方向の活動が自身の勉強になると教えていただきました。 「ちょっとおいで」と、内宮を出て新橋を越えたところで、何やら自然豊かな中洲が… 台風に押し流されかけたけど、ここがホタルを呼び戻す小川! 情緒豊かに、なごみます!
アイデアの宝庫にも連れてもらって、ホタルのエサになるカワニナの水槽! 次の狙いは、秋の月夜に奏でる鈴虫の音… いろんな仕掛けあふれる秘密基地です! 夏の夜に、ホタルの光と、浴衣姿のあの子と… もとい!ご協力ありがとうございます!



No.23地点 馬淵橋下(伊勢市円座 横輪川馬淵橋右岸側の階段を下りたところ)
平成26年10月27日 調査者:日本特殊陶業株式会社の方々   ◇No.23地点地図   ◇No.23調査結果
宮川の支流、横輪川。近くの日本特殊陶業の方々にご協力いただいています! 馬淵橋の下に降りて水質チェック! 台風で大きな被害を受け、河川改修されました。 薄曇りで少々寒いですが、緑豊かで、水もきれいなところで、眺めもいいです。
日本特殊陶業の環境安全部の方々が協力して、自転車に乗って現場に急行! 渇水時期の冬になると、ビーカーに紐をつけて、垂らして汲み取るというナイスアイデア! 冬に河原に降りると、冷たい風が吹き付け、とっても寒い中での検査が大変だそうです…
スポイトで水を吸い取り、試薬と混ぜ合わせ、色の反応を見ます。 しばし、色の変化を待ちます。その間に、周囲の状況を観察! ちょっとわかりにくいけど、川魚もたくさん泳いでいます! きれいな川です!
結果は薄いピンクでしょうか。CODは2mg/Lというところでしょうか。 前日の雨を集めて、勢いよく流れる川は、清々しくも自然の力強さも感じます。 これから寒くなる中、ご協力ありがとうございます!これからもよろしくお願いします!

ご協力いただいております、日本特殊陶業株式会社のHPです。こんな、先進的技術を誇ってみえます!



No.15地点 菩薩橋上(度会町注連指 菩薩橋右岸側上流階段より降りた堰)
平成26年8月29日 調査者:三重県庁地域連携部インターンシップ大学生   ◇No.15地点地図   ◇No.15調査結果
ここは宮川の支流、注連指川。度会町を流れる中流箇所で水質チェックしています。 菩薩橋の下流側です。岩と木々の緑と川の白いしぶきが、とっても清々しい場所です! 菩薩橋上流側の堰で、川の水を採取します。あいにく雨模様です…
堰付近でコップで水を採取します。冷たそうな川に落ちないように… コップに水をとって、水の様子も観察します。県庁に来てもらった大学生の方が大活躍! 試薬を取り出して、スポイトの封を空けます。薬が手に付くと肌荒れする恐れもあるので注意!
スポイトで水を吸い取り、試薬と反応した色の変化を見ます。うまくいくかドキドキ! 色の判定を標準色シートで見比べて…化学的酸素要求量(COD)を調べます。 無事結果が出たようで、ご満悦! 立派な報告書も完成! さすが!協議会就職内定?
雨の中、川の様子も観察します。ゴミや濁りがないか、水生生物がいるかどうか… 堰を流れ落ちる音しかしないような、静かで爽やかで、緑に囲まれたいい川面です! こんな清々しい自然の中で調査することだけでなく、未来に受け継ぐ責務を感じる瞬間です!




No.22地点 下田井堰(伊勢市楠部町 五十鈴橋より約50m上流の階段を降りた地点)
平成26年5月30日 調査者:伊勢市立四郷小学校の方々   ◇No.22地点地図   ◇No.22調査結果
四郷小4年34人で水質チェック!堤防下に降りてみんな一生懸命に取り組んでくれています! みんな元気にパックテストキットを掲げてくれます!これで化学的酸素要求量を計測します。 その他、気温や水温を測ったり、川の周りの様子も観察します。気を付けてね!
スポイトの要領で水を採取し、5分後に標準色シートと見比べて色の変化を見ます。 結果がでたかな?調査方法・結果は宮川水質チェックHPを見てね… 堤防に座って水生生物調査です。要はタモで生物を捕まえて観察します。
ここは五十鈴川中流域ですが、本流だけでなく支流も調査ポイントになっています。 防波ブロックの隙間にタモを入れて!自然豊かな川なのできっと何かいそう! 流れ着いた枝も回収してくれます。川がきれいになると気持ちいいよね!
カニやタニシがこんなにたくさん生活しています!地球で水生生物とも共存しているのです! みんな和気あいあいと楽しそう…こうやって川とも親しめるといいよね。これからもずっと。 先生のご協力もあってチェック完了!みんなありがとう!これからも一緒にがんばりましょう!







前のページへ戻る