2006年1月の
流域案内人企画行事
参加者募集のお知らせ

宮川流域エコミュージアム

このページでは、流域案内人の企画行事をお知らせしています。ぜひ、ご参加ください。



●熊野わき道 みち草で行く その「い」の段

★ とき:平成18年 1月 8日(日) 9時〜17時頃

★ ところ:大台町 道の駅「奥伊勢おおだい」集合 雨天決行

熊野脇道。熊野本街道から分岐した道で旧大宮町から度会町をぬけ玉城町へつづく道。

倭姫命伝説が残る道沿いの自然、文化、遺跡、むかし話などをおりまぜて、みち草をしながら瀧原から田丸まで行くものです。


<今回の見どころ>
☆一の幕

大紀町三瀬川でマンボと言われている水田へ水をみちびく隧道に入ります。長さ20m、高さ1.6〜2.0m,幅1〜2mぐらい。石ノミと金槌で岩山を掘りぬいたもの。岩粉一升と米一升と交換ということで作ったものらしい。今から150〜180年前に作られたものと想像します。大宮町史にも出ていません。

マンボの岩の面に手を当てれば昔の人の米への思いが感じられるかもしれません。

※暗い穴の中へ入ったり梯子の昇り降りが苦手の方にはおすすめできません。
※マンボに入るときに衣類が汚れる場合があります。

☆二の幕

大紀町神原地区の神事を見学「宮川にそって天照皇太神宮が下る」

神事は供物と幣帛を捧げ集落を南から北へ駆け抜ける行事

「かきまき」とか「やおやお」と言われています。


●日程:

9:00道の駅 ― 隧道 ― 12:00滝原宮 ― 七保峠を越えて神事会場 ― 17:00頃まで


●対象:

自家用車と徒歩で移動できる人。参加中の自己責任がとれるかた。

参加中の事故怪我などについて、主催者は一切責任を持ちません。  

●用意するもの:

自家用車、お弁当、お茶、甘いもの、タオル、帽子、長靴、

雨具(小雨の時はカッパが便利です)、懐中電灯、手袋(軍手)

●参加費:ひとり500円(保険通信費等)
●主催:廣瀬 元久(宮川流域案内人・NPO法人ボランティアネットワーク鈴鹿社員)
●後援:宮川流域ルネッサンス協議会
●参加申込問合せ先:事前申込者のみで、当日参加はできません。
   廣瀬 元久(宮川流域案内人)
   TEL:090−7040−7102 TEL・FAX:0598−87−1106
●申込締切:

平成17年12月31日までに郵便局で下記口座あてに参加費を振込んでください。

   口座番号  00890−3−91646  廣瀬 元久
通信欄に「「い」の段」と、各自の住所・氏名・電話番号・生年月日を必ず明記してください。
主催者が中止のときのみ返金いたします。
参加者は振込み票のコピーを当日お持ちください。

前のページへ戻る


●水神山で本年の無病息災を祈ろう

★ と き:平成18年 1月 9日(月)祝日 9時〜正午 雨天中止
        午後2時からは日進公民館前で獅子舞が行われます。
        ご自由にご覧になってください。
★ ところ:大台町 新田 日進公民館(大台町新田230,電話:0598-85-0211)集合

● 内容:

大台町栃原は、通称「本郷山」と言われる地区の裏山に「水神神社」が祀られている。

本殿の横奥に1m四方位ぐらいの水溜りがあり、いつも絶えることがない。

この土地では日本三大釜のひとつとして誇りにしている。

山頂からは伊勢湾や富士山を望むことができ、眺望がすばらしい。

この水神山へ登ります。

途中で獅子汁や大台茶などのお接待あり。

● 流域案内人:筒井 敏さん、林 紘典さん、上山 渡さん
● 対象:小学生以上  30名
● 用意するもの:飲み物・軽登山の服装
● 参加費:ひとり 300円(保険代など)
● 主催:筒井 敏・林 紘典・上山 渡 (宮川流域案内人)
● 後援:宮川流域ルネッサンス協議会
● お問合せとお申し込み:
 住所・氏名・電話番号・生年月日〈保険加入に必要です〉を下記までお知らせください。
 ★ 筒井 敏  大台町新田521−1
         電話:0598−85−0410
 ★ 林 紘典  大台町新田448−1
         電話:0598−85−0344
 ★ 上山 渡  大台町新田561−4
         電話:0598−85−0159
 ★ 宮川流域ルネッサンス協議会
  〒516-8566 伊勢市勢田町622 三重県伊勢庁舎内
  電話:0596−27−5411 FAX:0596−27−5418
  電子メール:nmiyare@pref.mie.jp

前のページへ戻る


●伊勢から大台町まで自転車に乗って!水神山で本年の無病息災を祈ろう!

★ とき:平成18年1月9日(月)祝日 午前8時から午後3時30分まで  雨天中止

★ ところ:伊勢河崎商人館→宮川沿いに→大台町栃原→伊勢河崎商人館
     ※伊勢河崎商人館:伊勢市河崎2-25-32,電話:0596-22-4810

● 内容:

伊勢から大台町栃原まで往復約60kmを自転車で走ってみませんか?

大台町では地元の宮川流域案内人の皆さんが行う「水神山で無病息災を祈る」行事に参加して、獅子汁や大台茶を楽しんでください。

宮川沿いの風景を楽しみながら走ります。

● 流域案内人:山脇 允彦さん(伊勢自転車愛好会)
● 対象:自転車に乗れる人
● 用意するもの:飲み物、常備薬、おやつ、雨具(突然の雨用)
● 参加費:300円(水神山の行事に参加する場合のみ)
● 定員:20名 (申し込み先着順)
● その他:自転車の無料貸し出し(伊勢河崎商人館)もしています。

貸し出し希望の方は必ず事前に申し込んでください。

● 主催:伊勢自転車愛好会
● 後援:宮川流域ルネッサンス協議会
● 協力:伊勢河崎商人館(NPO法人伊勢河崎まちづくり衆)
● お問い合わせとお申し込み:住所・氏名・電話番号を下記までお知らせください。
      山脇 允彦  電話:0596−22−4810(伊勢河崎商人館)
        (伊勢自転車愛好会は伊勢河崎商人館内にあります)
 宮川流域ルネッサンス協議会でも受け付けをしています。
   宮川流域ルネッサンス協議会
  〒516-8566 伊勢市勢田町622 三重県伊勢庁舎内
  電話:0596−27−5411 FAX:0596−27−5418
  電子メール:nmiyare@pref.mie.jp

前のページへ戻る

●森林療法勉強会へのお誘い

森林療法研究会三重では“癒される町づくり”を目的とした「森林で心と身体を健康に癒すための「あまねく人々の心を癒す森林浴体感交流会」参加者を募集致します。

森林と健康に興味ある方々のご参加、心よりお願い申し上げます。

尚、今後は更に研究分野を広げ、“植物と地球環境の現在と未来”森林と健康への方向性を考えています。


★ 日時:平成18年1月12日(木) 19:00〜21:00 (予定)
    ※以後、平成18年3月まで毎月第2木曜19:00〜21:00に開催予定
★ 場所:伊勢シティホテル(JR・近鉄伊勢市駅・近鉄宇治山田駅より徒歩3分)

● 目的:1. 森林療法(セラピー)普及の森林を含む植物の癒し効果等の学習
      2. 古来より伝承されてきた地理・歴史等に関する知識・教養習得の為の学習
      3. 伊勢近郊の森林を実際に歩く、森林浴・森林療法(セラピー)体感プログラム実施
      4. 専門者(看護師・保健師等)と共に、森林療法(セラピー)の心身への癒し効果を実証する為の調査
      5. その他、森林を含む植物についての勉強会(植物セラピー等を含む)等
      6. 癒しの道・マップ作り
● 宮川流域案内人:西村 博子
● 参加費:1,500円(資料代含む)
● 追記:森林療法研究会三重での会員様も同時募集致しております。
(入会金1,000円・年会費2,000円、入会記念特典・幸せを呼ぶ可愛い“トファーバッジ”)
● 主催:森林療法研究会三重
● お問合せ・お申込先:
   NPO法人 植物セラピー普及協会・森林療法研究会三重
  〒516-0802 度会郡御薗村新開942-3
  電話・FAX:0596-31-0887

前のページへ戻る

●環境保全講座 宮川の杉にモット光を!

宮川村の台風災害から1年以上が経ちました。

雨量の多さも然る事ながら保水力の無い森林が大きな要因と考えられています。

なかなか間伐が進まない森林、外国から輸入される木材。

解決の糸口は以外に身近なところにあるのではないでしょうか。

宮川の杉にモット光を当て木造住宅に使って貰うことで、生産林にも光が差し込む。

そんな時代を迎える為、私たち一人ひとりに出来ることはどんな事なのだろうか。

木造住宅や環境問題に関心のある人はぜひ参加して下さい。


■ 日時:1月22日(日)
    午後2時 集合:奥伊勢フォレストピア(宮川村薗993)各自の車にて移動
         間伐による下層植生の変化などを現地視察(藤原林業ほか)
    午後4時から6時まで
         座談会:ギャラリー奥伊勢(大台町高奈1064)各自の車にて移動
         藤原康孝(藤原林業代表)高松隆吉(環境アドバイザー)
         武内俊和(武内林業)司会:谷藤重美(宮川産業振興協同組合)
         上記の方々の話よりテーマを見出し、参加者全員で話し合います。

■ 日時:1月29日(日)
    午後2時 集合:奥伊勢フォレストピア(宮川村薗993)各自の車にて移動
         原木が木造住宅になるまでの流れを現地視察(武田製材ほか)
    午後4時から6時まで
         座談会:ギャラリー奥伊勢(大台町高奈1064)各自の車にて移動
         中谷幸利(中谷建築研究所代表)武田 誠(武田製材)
         西 覚嗣(西組住宅事業部)司会:谷藤重美(宮川産業振興協同組合)
         上記の方々の話よりテーマを見出し、参加者全員で話し合います。

● 参加費:無料、座談会のみの参加も受け付けております。
● 申し込み:電話・ファックス0598-83-6093又はメールにて、氏名、住所、電話、年齢を事務局まで
       メール:office@miyagawa-made.com
● 主催:宮川産業振興協同組合
● 協賛:地産地消ネットワークみえ
● 後援:宮川流域ルネッサンス協議会


前のページへ戻る
●大紀町阿曽・網掛山 ハイキング
★ とき:平成18年 1月29日(日) 9:00〜14:00  雨天中止
★ ところ:大紀町阿曽温泉(大紀町阿曽429番地 TEL:0598-84-8080 )前 集合
● 内容:

松阪より国道42号を阿曽に入ると「阿曽富士」と称される「浅間山」が目に飛び込んできます。

かつての焼山であり阿曽の人々の生活の場でありました。

この山は長きにわたり多数の家族を養ってきた「宝の山」でした。

浅間山・網掛山を抜きにして阿曽の歴史は語れません。

この地域を後世に伝えるために里山復活の活動を続けてきた小野幸年さんが、阿曽から浅間山、網掛山を案内します。

● コース:阿曽温泉 ― 奥出 ― 女浅間山 ― 網掛山 ― 阿曽温泉
● 流域案内人:小野 幸年さん(大紀町阿曽)
● 対象:山歩きに慣れている人、小学生以上(小学生は保護者と一緒に)
● 用意するもの:

軽登山のできる温かい服装と靴、飲み物、昼食、おやつ、軍手、帽子、ステッキ(あると便利です)

● 参加費:ひとり100円(保険代・資料代)
● 主催:小野 幸年(宮川流域案内人)
● 後援:宮川流域ルネッサンス協議会
● お問合せとお申し込み:
 住所・氏名・電話番号・生年月日〈保険加入に必要です〉を下記までお知らせください。

   小野 幸年
   度会郡大紀町阿曽 電話・FAX:0598−86−2712

 ※宮川流域ルネッサンス協議会でも受け付けしています。

  〒516-8566 伊勢市勢田町622 三重県伊勢庁舎内
    宮川流域ルネッサンス協議会
  電話:0596−27−5411 FAX:0596−27−5418
  電子メール:nmiyare@pref.mie.jp


前のページへ戻る